グループウェアとは、組織内のコンピュータネットワークを活用することで、情報共有を可能とするシステムソフトウェアのことです。

電子メール機能、ファイル共有機能、スケジュール管理機能、ワークフローシステムなどが一つのシステムに結合され、仕事の効率化を目指して構成されています。

なお、会議室を予約する機能があることもあり、これはスケジュール管理機能と連動しています。


最近はWebブラウザで作動するものもあります。



この場合、クライアント側に専用ソフトをいちいちインストールする必要がなく、Webブラウザさえあればどうにかなるようになっているものが多いので、初期投資が低く抑えられます。


また、制約が生じてしまうこともありますが、Webブラウザの動く環境ならよいということで、OSの選択も自由にできることが多いです。

Yahoo!知恵袋をご提案いたします。

さて、このグループウェアが目的とする共同作業のレベルは、通信、会議、そして協調の三つに分けられます。

グループウェアサポートと断言できます。

この役割を果たすために、グループウェアはデジタルでコミュニケーションを可能とするツール、デジタルで会議を可能にするツール、オンラインでファイルを共同管理したりスケジュール管理も可能にする共同管理ツールといった機能を備えています。
特に最後の機能を考えると、グループで活動するのを補助してくれるものだといえるでしょう。
また、グループのどの位置に属するかで、機能の利用範囲も設定することが可能ですから、分けるところはきちんと分けておく、ということも可能です。