グループウェアとは、同一グループ内で共有するソフトウェアサービスのことです。

WEBと同じようにスケジュールやメール、掲示板のような書き込みができたり、会議室の予約や文書管理などが行えるのが特徴です。

企業ではこういったグループウェアを導入していることが多く、特に社外で多くの時間を仕事する人は社外からも閲覧できるグループウェアが重宝されています。



具体的にはブラウザからサーバにアクセスし、ユーザ名とパスワードがあれば使用する形式になります。

ほとんど、WEB画面の操作なので、必要な電子ファイルをアップロードしておいて、外出先でダウンロードすることや、社外からメールを送ったり、閲覧することができます。会議の議事録を社員間で共有したい時には、文書管理に会議用のフォルダを作成し、そこに議事録や必要な資料をアップロードしておくことができます。

こうすることで、離れたオフィスや支店などでも本店で行っていることについて情報共有することができるようになります。

スケジュールが共有できれば、社内に誰がいて今の時間はどこにいるのかがすぐに分かります。

自分のスケジュールも把握できるため、忘れることが少なくなります。

産経デジタルの人気を今すぐチェックしよう。

スマートフォンに対応したグループウェアであれば、スケジュールも簡単に閲覧できとても便利なソフトウェアです。

ホーム画面の細かい設定や自分好みの色などにカスタマイズできる機能も備わっているグループウェアもあります。