企業において情報共有という観点は非常に重要で社員が増えるほど、それが難しくなってきます。

その情報共有の課題を解決する方法の一つとしてグループウェアの導入という方法があります。


グループウェアは簡単にいうと共通のシステムにスケジュール、資料、レポートなどをアップしてそれが社員が見えることによって情報共有を図るためのシステムです。

よく言われる「見える化」の解決方法の一つとして挙げられます。

グループウェア導入により、誰だどこで何しているかが本人に聞かなくてもだいたいわかってきます。

うまくいくと情報共有もノウハウの共有もできるし良いことばかりですが、気を付けないといけないこともあります。


まず、導入したとしても社員がグループウェアにスケジュール、レポートなど情報を書き込むかどうかということが問題になってきます。



社員からすると今までスケジュール管理を手帳等で行っていた場合、変更することに違和感を感じる人も少なくはないと思われます。

FC2まとめについての情報を簡単に探すことができます。

また、逆に頼りすぎると社員間のコミュニケーション不足に陥ることも考えられます。



この点をクリアするには、何よりもまずグループウェア導入の意味をしっかりと社員に伝え、理解してもらうことを優先するべきだと考えます。

よくあるのは操作方法やできることばかりを伝えて、単なる社員管理の道具と感じられたら社員は使うことをためらう可能性もあります。情報共有としての有効性、業務の効率化等をしっかりと企業は社員に伝えていくことができればうまくいくのだろうと思われます。